酵素洗顔 注意点

酵素洗顔を使う上での注意点とは?

 

酵素洗顔とは、タンパク質を分解する作用を持った酵素を取り入れた洗顔のことです。日々、どれだけ丁寧に洗顔をしていても、どうしても落としきれない汚れと言うのは存在してしまいます。

 

そうした汚れ、皮脂やメイク、古い角質などが肌に溜まったり、毛穴に詰まったりすると、それは肌色のくすみや毛穴目立ちの原因にもなります。またそこに紫外線を浴びることで発生したメラニン色素が加わると、黒ずみが発生してしまうこともあります。

 

ですがこうした汚れは、時間が経過すると空気に触れることで酸化してしまっています。そのため固くなっているため、普通の洗顔では落とすのが難しいです。しかし酵素洗顔であれば、その力でこうした汚れも分解してくれます。

 

しかし酵素洗顔は、使い方を誤ると肌トラブルを招く原因になることもあります。ですから使用する上での注意点をしっかりと把握し、それを守ることが必要です。使い方の注意点としては、まずは週に1度、どんなに多くても2〜3度の使用に留めておくと言う点です。

 

酵素洗顔は汚れ落ちの良さが魅力です。しかしだからこそ、毎日それを行うと、肌に必要な皮脂までも落としてしまう可能性があります。そうなると肌のバリア機能や保湿機能が低下して、肌荒れや乾燥などが発生する恐れもあります。

 

ですからまずは週に1度、そして皮脂の多さや肌色のくすみなどが気になる場合のみ、週に2〜3度、使用すると言うことを心がけて下さい。そして酵素洗顔後は汚れがたくさん落ちている分、普通の洗顔後よりも一層、乾燥しやすい、刺激を受けやすい状態になっています。

 

ですから保湿をいつも以上に念入りに行うと共に、外出すると言う場合には紫外線対策もしっかりと行って下さい。それからニキビができている場合には、酵素洗顔は避けた方が無難だと言うのも注意点です。

 

ニキビができる原因には様々ありますが、中には皮脂や角質に働きかけることで、その状態が悪化するものもあります。ですから、無理をせず、まずニキビの治療に専念することが必要です。また酵素洗顔では、泡をのせるだけでも汚れ落ちを期待することができます。

 

そのため、ごしごしと肌を擦るような使用方法が厳禁であると言うのも注意点です。

 

洗顔で黒ずみが気になっているという人もいるのではないでしょうか。黒ずみ対策商品も出ていますが効果なしなんて言われているので注意してくださいね。⇒薬用アットベリー効果なし