酵素洗顔 副作用

酵素洗顔に副作用はないのか?

 

お肌のくすみや黒ずみに効果的な酵素洗顔ですが、副作用はないのでしょうか?

 

酵素洗顔には大きなメリットがある反面、お肌が弱い人には向かないというデメリットがあります。正しい方法を守らないとかえってお肌を傷めてしまうので注意が必要です。

 

たんぱく質でできている私たちの肌には約28日間かけて皮膚が生まれ変わるターンオーバーがあります。お肌の角質がたまり、厚くなるなどして正常にターンオーバーが行われないとお肌がくすんでしまったり、毛穴が目立つ、ざらつくなどのトラブルが起きてしまいます。このたまってしまった古い角質や、毛穴に詰まった角栓を分解して取り除く方法が酵素洗顔なのです。

 

酵素洗顔料に配合されている酵素にはタンパク質分解酵素と皮脂分解酵素の二種類があり、古い角質を落とすのがタンパク質分解酵素、皮脂や毛穴に詰まった角栓を落とすのが皮脂分解酵素です。酵素洗顔を効果的に行うにはこの二種類が配合されているものを選択するのが良いでしょう。

 

酵素洗顔で副作用が起きてしまう原因は、効果を期待して頻繁に酵素洗顔を行ってしまうことなどがあげられます。頻繁に洗浄を行ってしまうことによって、お肌のターンオーバーのサイクルが早まってしまい細胞が成長しきらない未熟なままになってしまい、お肌のバリア機能が失われ乾燥や赤み、痒みなどの肌荒れをひきおこします。ターンオーバーが早いことが原因で肌荒れを起こしている場合や乾燥肌・敏感肌の方は使用を控えたほうが良いでしょう。

 

このように、ターンオーバーが早すぎるお肌や敏感肌、乾燥肌には不向きですが、ターンオーバーが遅く、不要な角質や皮脂・角栓がたまっていることによって肌のくすみやざらつきがある場合には酵素洗顔をすることによってゆで卵のようなつるつるのお肌になることができます。古い角質が取り除かれるので、化粧水や美容液の美容成分がしっかりとお肌に浸透してひと皮向けたような明るいお肌になります。

 

酵素洗顔で肌が綺麗になっても髪の毛が綺麗じゃないと、残念ですよね?髪の毛のきれいさを気にする人は、こちらもお勧めですよ⇒http://forthelasttimemusical.com/entry4.html