酵素洗顔 ニキビ

酵素洗顔のニキビへの効果は?

酵素洗顔のニキビへの効果は?

 

肌荒れを引き起こしやすいのは毛穴汚れであり、毛穴が詰まるのは、古い角質や皮脂などのタンパク質が原因になります。アルカリ性の成分で作られているのが、一般的な洗顔料になります。洗浄力が強いのがアルカリ性ですが、タンパク質の古い角質を除去する力には弱い面があります。

 

酵素洗顔はタンパク質分解に優れている

タンパク質を分解することにかけても、皮脂を落とすのにも、酵素洗顔料は高い洗浄効果をもたらすことになります。一般的な洗顔料のような洗い流すという感覚ではなく、酵素によって分解をしますので、この点で大きな違いが出てきます。

 

毛穴の奥にまで染み渡って、キメの隙間までも、しっかり浸透をして汚れを分解するのが得意なのが酵素です。だから肌荒れなどの毛穴のつまりに対しても、解消をしていくにも最適な洗顔をすることができます。それに毛穴へのう奢れの蓄積をさせない、予防にもなりますので、まさに効果的な洗顔を行うことができます。

 

ニキビの原因・酵素洗顔が効果的な理由

ニキビの肌荒れにも種類があり、その状況に合わせたケアが必要となります。皮脂が毛穴へと詰まると角栓となって、それは白い状態で目立ちます。毛穴の角栓がそのままになると、今度は酸化をしますので、今度は黒い状態へと変わります。そして炎症を起こしてしまい、既に化膿をしている肌荒れ状態は、黄色い状態で見た目にも痛々しいほどです。

 

見た目に白い状態から黒い状態まででしたら、顔を洗うにしても酵素洗顔での対処は可能な範囲となります。でも赤くなっていると、炎症を起こしている敏感な状態ですので、刺激を与える心配もありますので、この段階だったら酵素洗顔はセーブしましょう。

 

黄色い状態のニキビの時にも、痛みを伴うようでしたら、症状が治まるまでは控えるようにします。

 

まだ状態として赤くなる前の、白い状態から黒い状態までのは誰のケアでしたら、酵素洗顔でのケアによって肌荒れ防止にも役立たせることができます。毛穴が酵素でスッキリとしますので、毛穴は詰まりにくくなりますので、予防には最適になります。